女性アスリートの月経不順と疲労骨折率低下を目指す活動スタート

article

2016.06.10
プロジェクトは、順天堂大学医学部小児科学講座、CLIMB Factory(クライム・ファクトリー)、なでしこリーグ1部のジェフユナイテッド市原・千葉レディース、産科婦人科舘出張佐藤病院が行う。2020年の東京オリンピックに向けて5月から活動を開始し、2017年3月頃まで継続する。

目的は、女性アスリートの競技力向上、障害予防、女性として生涯健康であるための健康支援と教育。ジュニア期から成人までの女性アスリートを対象に、最新のICT(Information and Communication Technology)技術を活用して月経周期やコンディションを数値化して測定する。測定結果は分析し、女性アスリートコンディショニングサポートの検討を行う。

今後は順天堂大学が中心となり、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースで女性アスリートのパフォーマンス向上を目的としたデータ計測、管理などを実施。スマートフォンアプリで基礎体温や食事などの選手データを管理し、女子サッカーチームでは日本初の試みとなるGPSセンサー装着によるデータ計測をする。

また試合でのプレーデータを取得し、医師が基礎体温や食事などの個人データと連動させて分析。コンディションの可視化によって、選手のセルフマネジメント能力を育てることを目指す。

《美坂柚木》

article by CYCLE
特集 全リスト
健康特集・医療コラム 全リスト

病院簡単検索

Hospital search
STEP1:
STEP2:
STEP3:

サイトマップ

運営会社

プライバシーポリシー

お問い合わせ

病院登録はこちら