第4回 ポッコリおなかとサヨウナラ?腸マッサージ体験記

article

2009.09.29
現在MEDWEBで「健康美人道」を連載中のコロンハイドロセラピスト、齊藤早苗さんの腸マッサージセミナーを体験してきました!

今回の会場は渋谷の某公民館和室。20名弱の女性で部屋が埋まっています。

まずはチェックシートで生活習慣や腸の元気度をチェック。

私は「宵っ張りで夜中にドカ食い!胃腸酷使タイプ」
でした。すごい!ズバリ当たってます。
付け加えると、夜中に食べるだけでなく、飲んでもいますが。

当てはまる項目数により4つのタイプに分かれて着席します。

ちなみに会場の方で過半数を占めるほどに多かったのが「仕事や人間関係でボロボロ!ストレス過多タイプ」でした。仕事に家事にと忙しい現代の女性、ストレスを腸に溜め込んでしまう方はやはり多いんですね。

前半は、4つのタイプ別にそれぞれ、腸のいたわり方や食事についてのアドバイスをいただきます。
私のような宵っぱりタイプの場合、とくに気をつけたいのは食事の時間。

「どんな生活をしていても、胃は日中に動き、夜は休むものなんです」と齊藤さん。夜に食べたものは、胃が休んでいるため、朝までおなかの中にたまってしまうのだとか。胃で食べ物が停滞する結果、朝は胃がもたれて食欲がなくなります。腸の動きも遅れるため便秘がちに。そして朝食べない分、夜はおなかいっぱい食べ、それがまた朝まで残ってしまう、という悪循環にはまってしまいます。

このように昼夜逆転の生活をしていると、マドンナ並みにジムで鍛えている方でも、おなかだけはぽっこりしてどうしても直らないのだとか。

ちなみに私も全体的にやせ体質なのですが、おなかだけはどんな時でもぽっこりしているタイプ。まさか夜型生活が原因とは!


そしていよいよ腸マッサージの実技です。
仰向けになって、ひざを立て、おへそのあたりを円を描くようにマッサージ。
齊藤さんがひとりひとりを見て周り、「ここに腸があります」「ここに胃があります」とひとつひとつ手を添えてアドバイスをしてくださいます。なるほど。私の腸はこのあたりにあるんですね。

「こんな風にボールをつかむようにまわします」
えー!こんなに力強くまわしちゃっていいんですかっ!
腸マッサージはおおなかを「さする」という意識が強かったのですが、実際はおなかを「ゆする」感覚なんですね。おなかを中心に、体全体の緊張がほぐれるようで、リラックスできます。

わたしの腹部を押しながら、「胃が硬いですね~」と齊藤さん。
胃腸の悲鳴が聞こえてきそうな生活をつづけて、はやX年。
これからは毎日少しずつ、腸マッサージと良い生活習慣を重ねていこうと心に誓いました。
★リクエスト受付中!

MEDWEBで突撃体験してほしい話題の商品や健康サービスを受け付けています。こちらのフォームよりご連絡をお待ちしております。

MEDWEB突撃!体験記 全リスト
健康特集・医療コラム 全リスト

病院簡単検索

Hospital search
STEP1:
STEP2:
STEP3:

サイトマップ

運営会社

プライバシーポリシー

お問い合わせ

病院登録はこちら