卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

article

2009.12.13
不妊治療において排卵誘発剤を使用した際、過剰刺激により卵巣が腫れ、腹腔に水がたまる症状。エストロゲンの過剰分泌が原因とされる。発症後は自然に症状が消えるまで経過観察となるが、入院治療が必要になる場合もある。
気になるMEDキーワード 全リスト
健康特集・医療コラム 全リスト

病院簡単検索

Hospital search
STEP1:
STEP2:
STEP3: