旬の食材を食べつくそう!

article

2006.09.12
旬の食材は、一石二鳥のお役立ち食材
 つい先日までセミの声が聞こえていたのに、9月に入った途端、鈴虫の声… …。知らず知らずのうちに季節は移り変わっています。
 スーパーでも、店頭にならぶ食材が変化してきました。野菜コーナーでは、トマトやきゅうりといった夏野菜から、さつまいもや栗、きのこへ。鮮魚コーナーでは、秋刀魚がお目見え。果物コーナーでは、巨峰やデラウエアなどがたくさん並んでいます。いずれも、「今が旬」と言われる秋の味覚ばかり。日本食の醍醐味は、何と言っても旬の食材が季節ごとに味わえることです。
 ハウス栽培や養殖とは違い、自然な天候の下で育った旬の食材は、それぞれの種の特性に合った育ち方をしているためか、栄養価も抜群! 日頃の食生活で摂取しにくいとされているビタミンやミネラルもより多く含まれています。季節感を味わいながら、健康的な身体づくりにも役立つ旬の食材で、元気な毎日を過ごしましょう!

イチオシの旬の味覚は「栗」
 野菜、魚、果物と、いろいろな食材があふれる秋。なかでも特にオススメしたいのが「栗」。ゆでたものや甘露煮にしたものは年中手に入っても、生のものは秋でなければ手に入りにくい食材です。

 生の「栗」は、カリウムをはじめとしたミネラルが豊富! 一般的に健康食材として考えられている「ほうれん草」と比較すると、鉄分の吸収を高める銅は約3倍。骨の生成を促進するマンガンは約10倍も含まれています。また、代謝に関わるビタミンB1やビタミンB6、お腹の調子を整えてくれる食物繊維がたくさん含まれているので、ついついおいしいものを食べ過ぎてしまいがちな秋にも安心です。
 そのままボイルして食べても、栗ごはんなどにしても、おいしい「栗」。より季節感を演出するために、栗拾いに出かけてみるのも素敵ですよね。
志水 あい(しみず あい)
健康ライター、管理栄養士。「健康にまつわる正しい情報提供」をモットーに、健康・美容関連の記事を監修・執筆。栄養素の働きを重視したレシピ制作なども行っている。
*ブログ「健康ライターの日々」
食と健康コラム 全リスト
健康特集・医療コラム 全リスト

病院簡単検索

Hospital search
STEP1:
STEP2:
STEP3:

サイトマップ

運営会社

プライバシーポリシー

お問い合わせ

病院登録はこちら