腸内洗浄(コロンハイドロセラピー)ナースがお答えする「腸の健康Q&A」第5回

article

2007.02.21
コロンハイドロセラピーとは…
温度と圧力を精密にコントロールした腸内洗浄のこと。多量の温水を用いて、腸の内側についた汚れを取り除き、生体機能を活性化させる。薬だけに頼らず、腸本来の働きを活性化するための積極的なセラピーとして、欧米では広く受け入れられている。


急に便秘になってしまいました。不規則な生活が続いていたのは確かなんですけど…。ここ1ヵ月は下剤を飲んで排便しています。おならも臭いし・・・。私の腸はいったいどうしちゃったのでしょうか?


生活や食習慣の乱れ、ストレスや急激な環境の変化で起こる、一過性の便秘です。生活リズムを取り戻し、早めにケアすることで自然に便秘は解消されます。


今までスムーズに排便できていたのに、急に便秘になったYさん (20歳 学生)

学校とアルバイトで連日夜更かしが続いているYさん。最近下剤を使い排便していることや、おならが臭いことに悩み、来院されました。確かにお腹全体に大量のガスが溜まっています。でも、お腹に弾力性があり、嫌な硬さはありません。

さっそく、コロンハイドロセラピー開始。
お湯を入れマッサージを始めると、Yさんのお腹は強く収縮していきます。次に激しい便意が起こり、コロッコロッとビー玉のような便が2~3個出たのに続いて、すぐに黒っぽい硬い便が勢いよく流れ出てきました。

今回のセラピーで、Yさんのお腹はあっという間に、柔らかくペチャンコになりました。さすが若さということでしょうか。下剤なしでは便が出ないと言っていたYさんでしたが、大腸はよく動きました。

そこで、最近のYさんの生活習慣についてたずねてみましたところ、次のような答えが返ってきました。

●寝るのは連日朝方4時前
●朝食は食べない
●食事時間がバラバラ(または不規則)
●アルバイトのストレスがある
●寝る直前に衝動的にドカ食いすることがある

以上のことから、夜型の不規則な生活・食習慣によって起こった一過性の便秘だと分かります。日頃の不摂生が便秘という形でYさんにはね返ってきたのです。Yさんには以下のようなご提案をしました。

① できるだけ早い時間に就寝できる日を作る。
② 朝食を食べる。
③ 夕食は就寝の2~3時間前に食べる。
④ 生活にゆとりを持つ。

その後、生活習慣を改善することで、Yさんは自然に排便できるようになりました。今でも疲れすぎて排便がスムーズでなくなった時は、コロンハイドロセラピーを受けに訪れます。お助けアイテムとして、このセラピーをうまく取り入れておられるわけです。

目の前で起こっている結果には、必ず原因があります。便通がスムーズでなくなった時は、生活のリズムが乱れはじめたサインと受けとめ、もう一度自分の生活を振り返ってみてください。自分で気づき自分で改善する、早めに生活リズムを整えて、リラックスするなどのケアをしていくこと。それが便秘の慢性化を防ぐポイントです。身体の叫びをうまくキャッチし、愛情を持って自分を守っていきましょう。



今までスムーズだったのに、急に便通が悪くなったと思ったら、以下の項目をチェックしてみてください。数が多いほど一過性便秘の危険度が高いということ。気づくだけでも、慢性化を防ぐ目安になります。

              

  1. 就寝時間が夜0時を過ぎる事が多い。最近睡眠不足。

  2. 朝食を食べない日が多い。食事時間が不規則。

  3. 最近、ダイエットをしている。

  4. 転職・結婚・引越しなど、最近生活環境の変化があった。

  5. ストレスを感じている。

  6. トイレにいく時間がない。

  7. おならをがまんすることが多い。
齊藤 早苗(さいとう さなえ)
日本医科大学看護専門学校卒業。大学病院などで8年の臨床経験の後、フリーナースとして外資系企業の健康管理室勤務、ツアーナース、訪問保健指導、電話医療相談業務を行う。2000年より、東京マタニティークリニック・ハイドロコロンセンター(東京都渋谷区千駄ヶ谷)立ち上げ業務に従事。米国で腸内洗浄の研修を受け、開業ライセンス(米国)を取得。帰国後、同センター主任に就任し、現在、コロンハイドロセラピストとして活動中。看護師・ケアマネージャー・国際救急救命協会インストラクター。
Q&A 全リスト
健康特集・医療コラム 全リスト

病院簡単検索

Hospital search
STEP1:
STEP2:
STEP3: