腸内洗浄(コロンハイドロセラピー)ナースがお答えする「腸の健康Q&A」第7回

article

2007.05.12
コロンハイドロセラピーとは…
温度と圧力を精密にコントロールした腸内洗浄のこと。多量の温水を用いて、腸の内側についた汚れを取り除き、生体機能を活性化させる。薬だけに頼らず、腸本来の働きを活性化するための積極的なセラピーとして、欧米では広く受け入れられている。


ダイエットのために食事をほとんど食べていません。それなのになかなか痩せません。リバウンドが怖くて水分もあまり飲めない状態です。最近は便も出なくなりました。このままダイエットを続けてよいのでしょうか?


過度の食事制限や水分不足で起こった便秘です。無理なダイエットは、便秘だけでなく胃腸の動きを鈍らせ、基礎代謝が低下します。消化・吸収・排泄のリズムをきちんとつけていくことが、効果的なダイエットの基本です。


無理なダイエットで便秘になったIさん。(19歳 学生)

現在ダイエット中というIさん。食事や水分の摂取量を減らしても、なかなか体重が減らず、お腹もポッコリ出たまま。ここ2週間便秘状態で、浣腸をしても便が出てこなくなりました。毎日イライラが続き「これからどうしたらいいのか分からない…」と不安な思いで当院を訪れました。

さっそくサラピー開始。
大腸の中に大量のお湯が入っていきます。お腹がパンパンに膨らんだところで今度はお腹のマッサージ。延々とマッサージを繰り返しても、Iさんの大腸は全く動きません。40分が経過してセラピーが終わろうとした時、突然の便意とともに一気に硬便と排液が、大量に出てきました。
その後トイレでも大量に排便し、Iさんのお腹はすっきりとペチャンコになりました。

「お腹や手足がポカポカ温かくて、気持ちいいです」
血色の良くなったIさんの顔には、笑顔が溢れています。
Iさんにダイエット中に、便をしっかり出す食事や水分の摂り方、運動や体を温める生活習慣についてのアドバイスをしました。その後2回目のセラピー時には腸の動きも良く、便秘も解消したとのことです。

急に食事の量が少なくなると、胃・結腸反射が起こらなくなり、消化器の働きが悪くなります。また、便の材料不足により結腸の蠕動運動も鈍り、便が出なくなっていくのです。腸の動きが悪くなると基礎代謝が低下し、内臓の周りに脂肪が集まってきます。体も飢えに備え、消費エネルギー節約モードに入り、ますます痩せにくい体質になっていくのです。

ダイエットの効果をあげるためには、腸の運動を良くして、消化・吸収・排泄という一連のサイクルをうまく回す事が大切なのです。



ダイエット中の便秘を防ぐには

              

  1. 消化器は食べ物が入ることで、動きだします。必ず朝食を摂るようにしましょう。

  2. 便の材料になるような、食物繊維を多く含んだ食品を摂りましょう。野菜は根菜などを温野菜で、葉ものは茹でて量を減らして摂るのがお勧めです。また、大豆やおから、こんにゃく、寒天などは腸の蠕動運動を促します。

  3. 内臓を冷やすと、消化器の働きが悪くなります。冷たいものの摂りすぎに気をつけましょう。体を温めるために、半身浴も効果的です。

  4. お腹をマッサージして腸を刺激しましょう。

  5. 夜は消化器の働きを支配する、副交感神経が活発になる時間。なるべく早めに就寝しましょう。

  6. 水分補給を十分にしましょう。(1日最低1.2リットル)「水分は体から出る前に先摂りする、小分けしてこまごま飲む」ことが、便を硬くなりにくくするコツです。

  7. 齊藤 早苗(さいとう さなえ)
    日本医科大学看護専門学校卒業。大学病院などで8年の臨床経験の後、フリーナースとして外資系企業の健康管理室勤務、ツアーナース、訪問保健指導、電話医療相談業務を行う。2000年より、東京マタニティークリニック・ハイドロコロンセンター(東京都渋谷区千駄ヶ谷)立ち上げ業務に従事。米国で腸内洗浄の研修を受け、開業ライセンス(米国)を取得。帰国後、同センター主任に就任し、現在、コロンハイドロセラピストとして活動中。看護師・ケアマネージャー・国際救急救命協会インストラクター。
    ★齊藤早苗さんがアドバイザーをしている『腸内美人倶楽部」サイトがオープンしました!!
Q&A 全リスト
健康特集・医療コラム 全リスト

病院簡単検索

Hospital search
STEP1:
STEP2:
STEP3:

サイトマップ

運営会社

プライバシーポリシー

お問い合わせ

病院登録はこちら