赤ちゃんと新米母ちゃんとお助けアイテム Vol.9

article

2007.12.21
赤ちゃんのお尻をいたわるお助けグッズに助けられ、寒い冬もなんとか乗り越えられそう。でも、日々成長する中で、お座りをするようになって…。飲み歩き大好き人間から新米カーサンへ。華麗なる(?)転身を遂げた三十路女の育児奮闘記。

◇◆◇PROFILE◇◆◇
東 弘子(あずま ひろこ)
ライター。仕事柄(言い訳)不規則かつ不健康な生活を謳歌しまくっていたのも今は昔。2006年5月に娘を出産。新米カーサンとして健康的な生活デビューを果たす。

 イラスト:高橋カオリ

Vol.9 親も助かる専用ソファでお座りデビュー!

 一般的な赤ちゃんの場合、寝返り、ハイハイ、お座りの順にできるようになるそうなのですが、我が家の娘はなんでだか寝返りせず。体力に問題でも?とちょっと心配になるものの、試しにうつぶせにしてみると泣いてイヤがる…。さらに怒りのパワーで仰向けに戻ることはできる。ただ単にうつぶせが嫌いなようです。

 ということで、よその赤ちゃん達がゴロゴロと寝返りして移動を始めるようになっても、うつぶせからほふく前進→ハイハイへと行動範囲を広げてもおかまいなし。仰向けにゴロンと横たわり続ける娘。

 そのくせ生意気にも寝てばかりでは退屈するらしく、放置されると泣いて抗議してきます。どうやら抱っこされるなどして視界が変わるのが楽しい様子。天井ばかり見つめ続けたらそりゃー飽きるよね…。と気持ちはわかるものの家事だってあるし、ずっと抱っこもしてられない。

 ということで便利グッズ登場!スポンとはまり込んでお座りする姿がラブリーすぎて一目惚れ「バンボベビーソファ」。柔らかな素材の赤ちゃん用の椅子で、スポっとはめ込むように座らせるので首さえ据わっていればOK!腰の据わらない赤ちゃんでもお座りを楽しめるという代物です。

 さっそくはめ込んでみると、腰が据わってないせいか妙に猫背というかなんというか、首が肩にめり込んだようなシルエットになっているもののなんとかいけそう。視界が変わることが嬉しいらしく本人はすっかりご機嫌♪これで練習させたのが良かったのか、お座りは早々にマスター!

 さらに時を同じくして移動手段もゲット。うつぶせがイヤなせいでハイハイの体勢になれない彼女は、お座りの状態で器用に足を曲げ伸ばしして床を蹴りつつ、同時に床に手を付き体を引っ張るという独特な移動方法を考案。ダンナ曰く、その姿は「ガンタンク」(ガンダムのキャラ)なのだとか。ハイハイの方がよっぽど楽そうなのに何故ガンタンク?と不思議がる親を横目に、けっこうな速度で行って欲しくない方へ方へと進む娘。「落ちたら危ない」という概念がまったくなさそうで、なんでも拾って口にいれるこの時期が一番目が離せなかった気がします。

 ということで、バンボベビーソファについてもう一言。実はこの椅子、ハイハイ期の赤ちゃんが一人では抜け出しにくい構造になっていて、少しの間じっとさせておきたい時にも役立つアイテムなのでした。

 片手で楽に持ち運びできる軽さと、スイングラックなどのように場所をとらない小ささはかなり優秀!子供とふたりで外出時に、親が靴を履くあいだ玄関で待たせるなど、ほんの少し手を離したいけど動かないで欲しい…という時に大活躍してくれました。濡れても平気な素材なので、お風呂に持っていって親が髪を洗う間に座らせておく人も多いらしいですよ!


今回のお助けグッズは…
バンボベビーソファ
http://www.amazon.co.jp/Bumbo-17484802-バンボ-ベビーソファ-イエー/dp/B000B6GM4Q
(Amazonのバンボベビーソファ販売ページ)
女だからね体験記 全リスト
健康特集・医療コラム 全リスト

病院簡単検索

Hospital search
STEP1:
STEP2:
STEP3: