健康美人道 Vol.3 『健康な細胞とは』

article

2008.11.18
◇◆◇PROFILE◇◆◇
齊藤早苗(さいとう さなえ)
日本医科大学看護専門学校卒業。大学病院などで8年の臨床経験の後、フリーナースとして外資系企業の健康管理室勤務、ツアーナース、訪問保健指導、電話医療相談業務を行う。
2000年、米国で腸内洗浄の研修を受け、開業ライセンス(米国)を取得。帰国後、コロンハイドロセラピストとしてコロンハイドロセラピー普及活動に従事。
看護師、ケアマネージャー、国際救急救命協会インストラクター。国際システム健康科学学会認定「健康コンシェルジュ・ナチュラビオティスト」資格取得。
国際システム健康科学学会アカデミー会員

★齊藤早苗さんがアドバイザーをしている『腸内美人倶楽部』
ナチュラビオティスト

私たちが生きてゆくためには、細胞一つひとつが元気に活動することが大切です。では『健康な細胞の状態』とはどんなことを言うのでしょうか。

細胞が元気に活動するにはエネルギーが必要です。そのエネルギーのほとんどは、細胞内のミトコンドリアという小器官の中で作り出されています。

食べ物から摂った栄養素はミトコンドリアの中で『クエン酸回路』と呼ばれるサイクルを経て分解され、エネルギー物質のATPが作り出されます。

ATPは、車に例えるとガソリンのような高エネルギーの物質で、細菌から哺乳類まですべての生物が使う共通のエネルギーです。このエネルギーが体温を保ったり、筋肉や心臓を動かしたりしています。

ミトコンドリアは一個の細胞内に数十個から数千個存在すると言われています。特に活動量の多い心臓では、一個の心筋細胞の中にミトコンドリアの集合体がつながり、びっしりと並んでいます。

そのためミトコンドリアは「生命のエネルギー工場」とも呼ばれています。健康な細胞の状態とは、ミトコンドリアの中でエネルギーを作り出すしくみ『クエン酸回路』が、きちんと維持されていることだと言えるでしょう。
ちょこっとコラム
細胞がエネルギーを作り出すしくみ
~クエン酸回路(TCA回路)~

クエン酸回路(TCA回路)とは、食事から摂った糖質・疲労時に多く生成される乳酸・体脂肪 などを酸素で燃やして分解し、エネルギーに変換するサイクルのことです。分解の途中でクエン酸が作られることから、そう呼ばれるようになりました。
1953年、生化学者H.A.クレブス博士はこのサイクルを発見しノーベル医学生理学賞を受賞しました。発見者の名前を取って「クレブス回路」とも呼ばれています。クエン酸回路が活発にクルクル回ることで、体脂肪や乳酸やコレステロールが効率よく燃焼されエネルギーが作られます。このエネルギーが細胞の新陳代謝を高め、体を活性化し元気にすると言われています。また、クエン酸回路は脂肪燃焼に関わるため、最近ではダイエット分野でも注目を集めています。
健康&美容コラム 全リスト
健康特集・医療コラム 全リスト

健康&美容コラム 一覧

other list

Copyright (C)IID All Rights reserved.
Copyright (C)2009 CR&LF laboratory(Rig-pa co.) All Rights reserved.

病院簡単検索

Hospital search
STEP1:
STEP2:
STEP3: